模型を持つ人

物件を購入するなら住むことをイメージするのが大切

シニア層の住まい探し

積み木の家

人気のある中古一戸建て

定年退職後は暮らしに便利な都心に近い場所に住むというのが、シニア層が憧れているライフスタイルの特徴です。そのために不動産情報サイトでも、シニア層が積極的に都市部の物件を探しており、特に杉並区の中古一戸建てが大人気です。中古一戸建ては杉並区内でも価格がリーズナブルであり、自宅の売却資金を活用すると、余裕を持って購入できるでしょう。そしてリフォームに適した中古物件が多く、購入後にバリアフリー化が容易に行える点も、注目されている要因です。更に住宅分譲の歴史が古い杉並区には質の高い中古一戸建てが多いために、建物の状態や設備のグレードを基準にして、手ごろな物件を選べるでしょう。しかし中古一戸建てを買う場合でも、できるだけ新築に近い状態の、ハイグレードな物件を希望する人の増加も顕著です。クオリティーを重視して住まいを探すときには、リニューアル工事をしてから中古一戸建てを販売する業者に注目するのがポイントです。リニューアル工事が完了した物件を販売する杉並区の業者は、自社で住宅設備を仕入れて施工を行っているので、室内は美しくて価格もリーズナブルです。一方でシニア層が老後を快適に暮らすには、公的年金を中心に家計をやり繰りすることが重要であり、維持管理費が割安な中古一戸建てを購入するべきです。面積が20坪程度の中古一戸建てであれば月々の水道光熱費も少なめであり、将来的な大規模修繕や外壁塗装のコストも、標準的な建物よりも割安です。